ブログが「保護されていない通信」と表示される場合の対処法【httpをhttpsに自動的に転送するSSLリダイレクト】

自分のブログが「保護されていない通信」と表示される場合の対処法【httpをhttpsに自動的に転送する】 ブログの始め方(設定)

自分のブログにアクセスすると「保護されていない通信」と表示されてしまってお困りですか?
この記事ではエックスサーバーを使っている場合の対処法を解説します。
この記事を読むとhttpをhttpsに自動的に転送する方法がわかり、「保護された通信」にできます。

保護されていない通信と表示される場合の対処法

自分のブログ(http://xxxxx.com)にアクセスすると、「保護されていない通信」と表示されてしまう場合の対処法を解説します。

保護されていない通信とひょうじされてしまう

これはhttpsではなく、httpにアクセスしているためで、
httpにアクセスした時に自動的にhttpsに転送するように設定すれば
「保護されていない通信」は表示されなくなります。

エックスサーバーの場合はhtaccessを編集して以下のコードを入力することで解決します。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

手順は簡単です。

エックスサーバーでhtaccessを編集して保存する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインして、
htaccessを選択します。

htaccess編集のタブをクリック

入力画面に以下のコードを入力して、確認画面へ進むボタンをクリック

確認画面で実行するボタンをクリック

これで設定はOKです。

自分のドメインhttp://xxxxx.comにアクセスして「保護されていない通信」の表示が消えていることを確認します。

上のように表示が南京錠のマークに変わっていれば無事にhttps://にリダイレクトができたということになります。

サブドメインのSSL化(https://へのリダイレクト)

サブドメインのSSL化(https://へのリダイレクト)

abc.xxx.comというようなサブドメインを使っている方は上記の方法ではリダイレクトができません。

エックスサーバーを使っている方はファイルマネジャーにログインして、設定が必要です。
ログインすると以下の画面になります。

public_htmlをダブルクリックして開きます。
開くと以下のような画面になります。

お目当てのサブドメインを開きます。
開くと以下のような画面になります。

.htaccessを選んで、

画面上の編集ボタンをクリックします。
開くと編集画面が開きます。

先程の

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

をコピペして、更新ボタンをクリックすれば完了です。

サブドメインのSSLリダイレクトはずっとできなかったのですが、できてスッキリしました。

リダイレクトの意味は自動的に別のURLに切り替えるということ

リダイレクトの意味は自動的に別のURLに切り替えるということ

今回ご紹介した方法は301リダイレクトといって、
httpにアクセスしたら自動的にhttpsのURLに転送するという方法です。

同じやり方で、
https://xxxxx.comからhttps://yyyyy.comに転送するというように、
別のドメインに転送することもできます。

常時SSL化は必須【安全に暗号化してアクセスしてもらうため】

常時SSL化について

今回やったのは常時SSL化です。
SSLはSecure Socket Layerという言葉の略で、
他の人から読み取られないように暗号化して表示するものです。
SSL化ができているウェブサイトやブログはURLの先頭がhttpsになります。

古いウェブサイトやブログはhttpになっていることが多いです。

httpになっているウェブサイトやブログはSSL化できていないので、第三者に盗み見されてしまうかもしれません。注意しましょう。

自分のブログが「保護されていない通信」と表示される場合の対処法まとめ

自分のブログが「保護されていない通信」と表示される場合の対処法【httpをhttpsに自動的に転送する】

この記事では自分のブログが「保護されていない通信」と表示される場合の対処法を解説しました。

自分のブログにアクセスした時に「保護されていない通信」と表示されるのは
常時SSL化ができていないためです。

httpの方にアクセスした時に、自動的にhttpsのほうに切り替わるように設定をすればOKです。
エックスサーバーの場合はサーバーパネルのhtaccess編集で編集できます。

編集が終わったらhttpにアクセスして、httpsに切り替わるかどうかを確認して、
南京錠のマークが出たらOKです。

サブドメインの場合はエックスサーバーのファイルマネージャからサブドメインを選んで
.htaccessを編集すればOKです。

これで安全にブログを表示することができるようになりました。

WordPressの設定方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。
>> WordPressの設定方法7ステップ(Cocoonテーマ)

ブログで収益を作るための方法についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

タイトルとURLをコピーしました